今回はメンズ美容室スクリットで行っている、髪をブルーに染める手順です。

モデルの髪の状態:ブリーチの後にブルーブラックを入れて3~4か月経過している

カラーレシピ:ブルー1

ナプラのパウダーブリーチを使って一回目のブリーチ。20~30分置きます。

カラーレシピ:ブルー3

一度のブリーチでは黄色味がまだまだ出ています。

カラーレシピ:ブルー4

ナプラのパウダーブリーチで2度目のブリーチ。

カラーレシピ:ブルー5

流すともう一段階明るくなったのが分かります。

カラーレシピ:ブルー6

一段階明るくなっても黄味がまだ残るのでこれをクオルシアの紫シャンプーを使って抑えていきます。

クオルシアの紫シャンプー
カラーレシピ:ブルー7

5分ほど置くと黄味が抑えられ薄いアッシュになります。

カラーレシピ:ブルー8

乾かすと黄味が抑えられています。これでブルーを入れる下準備が整いました。

カラーレシピ:ブルー9

Y.S.パーク ヘアペイントクリームのブルーとナプラのヘアマニキュア ジュエライズのブルーで青にしていきます。

ジュエライズのブルー

まずはY.S.パークのヘアペイントクリームから。根本は中々黄味が取れなく変な色になりがちなのでブルーブラックを1~3cm程度いれるのがおススメです。

カラーレシピ:ブルー10

写真だとかなり青く出てるように見えますが、これだけだと青が弱くエメラルドグリーンぽっくなります。

カラーレシピ:ブルー11
カラーレシピ:ブルー12

さらにナプラのヘアマニキュア ジュエライズのブルーを重ねてしっかりとした青にしていきます。

カラーレシピ:ブルー13
カラーレシピ:ブルー14

これで完成。

カラーレシピ:ブルー15
カラーレシピ:ブルー16
今回のまとめ
カラーレシピ:ブルーヘアー

青はかなり入りづらい色身になります。最低でも2度のブリーチと2度の色味を入れるカラーが必要となりますし、色持ちは1週間~10日程度です。あとは紫シャンプーを使って色落ちを長引かせながら変わっていく色を楽しんでいただく感じになります。

鮮やかな青を持続させるには10日後にもう一度青を入れ直す必要があります。

  • 料金:33,000円 カット込み 紫シャンプー付き

  • 時間:4~5時間

  • 色持ち:1週間から10日程度

カラーレシピのトップへ